4公演セット券(限定300席)発売 えびなクラシカルコンサート2024

えびなクラシカル・コンサート2024
以下4公演のラインナップにて開催予定です。
各公演チケット発売に先駆けまして、お得な4公演セット券を2024年4月6日(土)10:00 から発売いたします。

●2024年6月17日(月)セバスチャン・ジャコー 吉野直子デュオ・リサイタル
●2024年9月27日(金)東京二期会との提携公演「カルメン」ハイライトとオペラ名唱集 
●2024年11月8日(金)カピバラ・ピアノ・クァルテット
●2025年3月8日(土)アレクサンダー・カジェヴ ピアノ・リサイタル

お得な4公演のセット券は、4月18日(木)17:30まで販売

  • 概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • 概要

    料金

    4公演セット券:13,000円(税込)

    2024年4月6日(土)10:00~ 4月18日(木)17:30 まで

    ※4/20(土)~は各公演単独チケット発売

    会場大ホール、小ホール
    セバスチャン・ジャコー 吉野直子ディオ・リサイタル

    公演日:2024年6月17日(月)開場:13:30 開演:14:00

    会場:小ホール

     

    東京二期会との提携公演「カルメン」ハイライトとオペラ名唱集

    公演日:2024年9月27日(金)開場:13:30 開演:14:00

    会場:小ホール

    カピバラ・ピアノ・クァルテット

    公演日:2024年11月8日(金)開場:13:30 開演:14:00

    会場:小ホール

    アレクサンダー・ガジェヴ ピアノ・リサイタル

    公演日:2025年3月8日(土)開場:13:30 開演:14:00

    会場:大ホール

  • チケット情報

    チケット発売日

    2024年4月6日(土)10:00から電話予約受付(窓口販売は14:00から)4月18日(木)17:30まで

     

    料金

    4公演セット券:13,000円(税込)

    2024年4月6日(土)10:00~ 4月18日(木)17:30 まで

    ※4/20(土)~は各公演単独チケット発売

    チケット取り扱い

    海老名市文化会館:046-232-3231

  • 出演者プロフィール

    セバスチャン・ジャコー(フルート)

    1987年スイスのジュネーヴ生まれ。ジュネーヴ音楽院でジャック・ズーンに師事。2013年神戸国際フルート・コンクール、2014年カール・ニールセン国際フルート・コンクール、2015年ミュンヘン国際音楽コンクールの全てで優勝を飾った。日本では小澤征爾の招きにより、2008年からサイトウ・キネン・オーケストラに首席奏者として参加している。またソリストとして、バイエルン放送響をはじめ、多くのオーケストラと協演を重ねている。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席奏者を経て、2022年秋より、ベルリン・フィルの首席奏者を務めている。その演奏は「フルート界のロックスター」とも評されるなど、世界最高のフルート奏者として高い評価を得ている。

    吉野 直子(ハープ)

    ロンドンに生まれ、6歳よりロサンゼルスにて、スーザン・マクドナルドのもとでハープを学び始めた。1981年ローマ国際ハープ・コンクール第2位。1985年には最高峰のイスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少の17歳で優勝した。これまでに、ベルリン・フィル、イスラエル・フィル、チューリヒ・トーンハレ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、フィルハーモニア管、フィラデルフィア管、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスなどのオーケストラや、アーノンクール、メータ、ブーレーズ、ブロムシュテット、メニューイン、小澤征爾などの著名な指揮者と共演を重ねている。リサイタルもニューヨーク、ウィーン、ロンドン、東京など世界の主要都市で数多く行っている。また、ザルツブルク、ルツェルン、マールボロ、セイジ。オザワ松本フェスティバルなど、世界の主要音楽祭にも度々招かれ、常に好評を博している。室内楽の交流も幅広く、クレーメル、今井信子、ニコレ、ランパル、パユ、バボラークなどと共演を重ねてきた。また、新作にも意欲的に取り組み、武満徹「そして、それが風であることを知った」、細川俊夫「ハープ協奏曲」、高橋悠冶「Insomnia」、マヤーニ「ソナタ第2番」など初演した作品は数多い。レコーディング活動も活発で、これまでにテルデック、フィリップス、ソニークラシカル、ヴァージン・クラシックスなどからCDを発表している。1985年アリオン賞、1987年村松賞、1988年芸術祭賞、1989年モービル音楽賞奨励賞、1991年文化庁芸術選奨文部大臣新人賞、エイボン女性芸術賞等々、受賞歴も多数。

    カピバラ・ピアノ・クァルテット(ピアノ四重奏)

    2021年小澤アカデミーで原田禎夫および今井信子の指導を受ける機会を得た岡田脩一、近衛剛大、キム・ミンジの3人が出会い、室内楽への強い情熱をもつ3人はピアニストのマリオ・へリングと共にピアノ・クァルテットを結成することを決意した。メンバーは、それぞれARDミュンヘン、ジュネーヴ、リーズ、カサド等々の国際コンクールで入賞歴を持ち、ヨーロッパ各地の大舞台で定期的にソリストとして、また室内楽奏者として活動している。2023年の大阪国際室内楽コンクールの第2部門(ピアノ・トリオ/ピアノ・クァルテット)は、その後メルボルン、ARDミュンヘン両国際コンクールを連覇したトリオ・オレロンがセミ・ファイナルで敗退するなど、史上空前の激戦となったが、そうした中カピバラ・ピアノ・クァルテットが圧巻の優勝を飾った。

    アレクサンダー・カジェヴ(ピアノ)

    1994年イタリアのスロベニアとの国境に近い地方都市ゴリツィア生まれ。アゼルバイジャン出身のピアニストであった父親(シアヴシュ・カジェフ)の指導を受け9歳でオーケストラと協演を果たし、10歳で最初のリサイタルを行った。2013年からザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学でパーヴェル・ギリロフに、その後はベルリンのハンス・アイスラ―音楽大学でエルダー・ネボルシンに師事した。2015年浜松国際ピアノ・コンクールで優勝および聴衆賞を受賞した。2019年には、BBCのニュー・ジェネレーション・アーティストに選ばれ、ロンドンのウィグモア・ホールなどでのリサイタル、BBCのオーケストラとの協演、イギリスの音楽祭に出演などが実現し、そのすべてのコンサートはBBCラジオ3にて放送された。2021年にはシドニー国際コンクールでの優勝に続きショパン国際ピアノ・コンクールでは第2位となった。このコンクールでは、同じく第2位となった反田恭平に先立ってコールされ、特別賞(ソナタ最優秀演奏)も受賞した。これまでにファビオ・ルイジ指揮RAI国立響、ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管、アンドレイ・ボレイコ指揮ワルシャワ・フィルをはじめ、ユーリ・テミルカーノフ、アントニー・ヴィット、井上道義、山田和樹などと協演している。音楽祭への参加も多く、ヴェルビエ音楽祭、オールドバラ音楽祭などに参加している。

お問い合わせ

チケット販売に関するお問合せ:海老名市文化会館 046-232-3231

公演詳細に関するお問合せ:海老名楽友協会 090-2404-6832(平井)

備考

各公演単独チケット券発売日

●セバスチャン・ジャコー 吉野直子 デュオ・リサイタル 2024年4月20日(土)

●東京二期会との提携公演「カルメン」ハイライトとオペラ名唱集 2024年6月1日(土)

●カピバラ・ピアノ・クァルテット  2024年7月6日(土)

●アレクサンダー・ガジェヴ ピアノ・リサイタル 2024年10月5日(土)

 

※セット券の残席の発売となります。

海老名市文化会館

海老名市文化会館

 〒243-0438 
神奈川県海老名市めぐみ町6番1号
交通アクセス
 TEL.046-232-3231(代表) 
FAX.046-234-9234

海老名市民ギャラリー

海老名市民ギャラリー

 〒243-0432 
神奈川県海老名市中央二丁目9番50号
交通アクセス
 TEL.046-235-0366 
FAX.046-235-1186

お問い合わせ